公益社団法人 広島県不動産鑑定士協会

協会について

設立趣旨

不動産鑑定評価制度は、我が国の土地対策の基盤をなす制度として、社会の要請 に基づいて創立されたものであり、地域に根ざした不動産鑑定評価に関する業務の改善およびこの制度の発展を通じて適正な価格及び利用の形成に資するととも に、 県民及び関係機関に対しての地域的公益活動を一層充実させて社会的責任を果たすことが重要であります。

このため、広島県内に勤務箇所を有する不動産鑑定士、不動産鑑定士補及び広島県内に事務所を有する不動産鑑定業者等が法的主体性と運営基盤の確立した公益社団法人として「広島県不動産鑑定士協会」を設立したもので、 地域的公益活動を積極的に行って不動産鑑定評価制度の社会一般の理解を一層深めるため、次のような事業を実施しています。

「広島県地価要覧」を毎年発行
地価公示標準地および地価調査基準地の所在地とその価格を取りまとめ、土地取引きに際しての指標を提供しています。
不動産に係る無料相談会の開催
国土交通省が行う地価公示と鑑定評価の日および国土交通省が実施する土地月間と広島県が行う広島県地価調査結果の告示にそれぞれ合わせて不動産の無料相談会を開催しています。また、月に1回の定期無料相談も実施しています。
「よろず相談会」を毎年1回共同開催
不動産の評価・利用の相談をはじめ、法律、税金、各種許認可申請手続きについてのそれぞれの専門家である「士」業の各種団体による広島自由業団体連絡協議会のもとに無料相談会を開催しています。
広島県不動産DI調査の実施
過去半年の不動産市場の推移に関する実感と、この先半年の不動 産市場の動向に関する予測について、公益社団法人広島県宅地建物取引業協会及び公益社団法人全日本不動産協会広島県本部様のご協力の下、県内の不動産関係業者にアン ケート調査を実施し、広島県不動産DIとして集計を行っています。